研究と開発

 
  • TOP
  • 研究と開発

「天然素材の可能性を最大限に引き出す」をコンセプトとした植物化学分野を中心に、天然医薬品分野・合成化学分野にも進出しています。有望な植物や成分の探索から、製造プロセスの最適化・製品規格化、処方統計に至るまで、製造部門と連携しながらトータルに研究・開発を行っています。

植物化学開発部門
植物化学開発部門 植物化学開発部門

弊社で最も重要な役割を担っている分野です。機能性食品や薬用化粧品などへのニーズが世界的に高まる中、有望な植物成分の識別、超臨界抽出製法も含めた抽出方法の検討、活性評価などを行い、製品化に取り組んでいます。

天然医薬品開発部門
天然医薬品開発部門 天然医薬品開発部門

天然素材を原科に、医薬成分の同定・抽出による新薬開発に取り組んでいます。
これまでに弊社で開発された成分として、緑内障治療薬・乾癬治療薬の成分がインドFDAに承認されています。

組織培養開発部門
組織培養開発部門 組織培養開発部門

コレウスフォルスコリなどの種苗生産に組織培養技術を利用しています。また、水耕栽培等による有効成分の収率向上技術も研究しています。

バイオテクノロジー開発部門
バイオテクノロジー開発部門 バイオテクノロジー開発部門

安定性の高いプロバイオティクス、酵素複合体の研究を行っています。

分析研究開発部門
分析研究開発部門 分析研究開発部門

弊社分析部門は、HPLC、GC、LC-MS、HP-TLC、GC-MS、NMR、ICP-OES、AASといった各種分析機器を備えており、NABL(試験所/校正機関の認証を行う国際機関)の認証を受けています。

生物学研究部門
生物学研究部門 生物学研究部門

生体外試験によるスクリーニングや安全性試験・有効性確認試験を行っています。また、抗酸化作用や紫外線保護作用など、各種試験方法についても研究開発を行っています。

製剤研究開発部門
製剤研究開発部門 製剤研究開発部門

既に開発された有効成分や製品コンセプトをもとに、具体的な製剤化を行う部門です。栄養補助食品、機能性食品、薬用化粧品、天然化粧品、パーソナルケア製品などに関し、各種剤型の処方を検討しています。