製造管理

 
  • TOP
  • 製造管理 / 製造拠点

SAMI-SABINSA GROUP について

サビンサグループの中核となる製造会社SAMI-SABINSA 社は、 本社、主カ製造施設および研究開発施設をインドのバンガロール市(カルナータカ州の州都)に有しています。同市は高原地帯のため比較的穏やかな気候であり、近年はIT産業の中心地としても注目を集めている先進地域です。
SAMI-SABINSA 社では、 本社に併設する研究開発部門・パイロットプラントに多数の研究者を配し、 より高水準の製品を目指し開発・改良を進めています。

また、 近隣に位置する各工場(米国食品医薬品局認可)では、 世界各地の法令に準拠した高品質製品を提供するために、 研究開発部門と緊密な連携をとりながら製造を行っています。
このほか、 組織培養技術を用いて生産したコレウスフォルスコリの種苗を契約農家に供給するなど、原料生産の安定化、および地域経済への貢献にも注力しています。

SABINSA